美容鍼でたるみを改善するには? | 持続期間はどれくらい?

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ]
  • 美容鍼でたるみを改善するには? | 持続期間はどれくらい?

美容鍼灸では、たるみのお悩みを相談されることも多くあります。

そこで美容鍼灸で効果的にたるみを改善するために必要なこととどれくらい効果が持続するのか、期間も合わせてお話しします。

美容鍼灸の効果を最大限にすることができますので、最後までお付き合いください。

もくじ

    1. 顔だけ美容鍼ではたるみの改善は難しい
    2. 体の美容鍼が絶対に必要
    3. 体の美容鍼で持続期間を伸ばす
    4. 美容鍼灸とたるみまとめ
    5. 最初の一歩
    6. 体質チェック
    7. 老ける理由

顔だけの鍼でたるみの改善は難しい

小倉北区で美容鍼灸お探しならLivingへ

顔のたるみができる理由は大きく2つあります。

  1. 顔の筋肉が硬くなっている
  2. 体を正しい位置に保つ力が衰えている

 

顔の筋肉が硬いとたるむ

顔の筋肉(以下、表情筋)は少し特殊なつき方をしています。

筋肉は骨と骨をつないでいますが、表情筋は骨と骨はもちろんですが、一部皮フにくっついています。

そのため、表情筋が硬くなると皮フが持ち上がり、余った皮フが垂れ下がりシワやたるみの原因になります。

 

体を正しい位置に保つ力が衰えるとたるむ

胃下垂は聞いたことがありますか?

東洋医学的(以下、東医的)には、胃下垂も体を正しい位置に保つ力の衰えが原因で胃が下がると言われています。

皮フも同じように、正しい場所に張っておくことができずに垂れてきます

以上の2つの理由で、皮フのたるみやシワができてしまうのです。

 

顔の鍼だけだと難しい理由

今、お話した原因のうち、顔の美容鍼では1つ目(顔の筋肉が硬いとたるむ)にしかアプローチできません

顔の筋肉が緩めば、シワやたるみはある程度改善してくれますが、2つ目(正しい位置に保つ力)にはアプローチができていないので、すぐにたるみが気になります。

ですから、顔だけの美容鍼だと持続期間(持ち)が悪く、効果を実感するまでに時間がかかってしまうのです。

では、どうすれば体を持ち上げる機能を取り戻すことができるのでしょうか。

体の美容鍼が絶対に必要

東医的にたるんでしまって、正しい位置に保てない場合、アプローチすべきなのは、足や腕、お腹、背中のツボです。

特に脾と肺(*)のツボに鍼やお灸をする必要があります。

東医的に脾は唇と、肺は鼻と繋がっているといわれますが、体の深部でつながっているだけで、表面にでてくるのは一部です。

脾と肺のツボは足や腕、お腹、背中にしかありません。

ですから、たるみを改善するなら、絶対に体のツボにアプローチするしかありません

特に注意が必要な方は以下の方々です。

*脾や肺と突然言われても、わからないと思いますので、今は「ふ〜ん」くらいで大丈夫です。

 

こんな方は体の美容鍼が必須です

  • お腹がゆるくなりやすい
  • いつの間にか内出血している
  • 顔色が少し黄色くなることがある
  • 甘いものが好き
  • 唇が荒れやすい
  • 皮フが伸びやすい
  • 疲れやすい
  • 風邪をひきやすい
  • 空咳がでる
  • 皮フが乾燥しやすい
  • 辛いものが好き
  • 体がむくみやすい
  • 寒がり、冷え性

一つでも当てはまるものがあれば、脾または肺の機能が衰えているせいで、たるみやすい状態です。

体の美容鍼で持続期間を伸ばす

北九州の美容鍼、顔だけはもったいない

目安ではありますが、顔だけの美容鍼が2、3日持続期間があるとすると、体の美容鍼もセットで行うと1週間くらい持続期間が伸びる可能性があります

もちろん、すぐに1週間持つわけではなく、体質が改善されないと、効果の持続期間も当然短くなります。

 

体質が変わるまでの期間は?

体質は軽い方だと3、4ヵ月、重度の方で6ヵ月以上はかかります。

日常生活の過ごし方などで変わりますので、生活指導なども合わせて行います。

さきほどのチェック項目がどれくらい変化したか(減ってきたか)を感じながら、たるみの改善も確かめてみてください。

ご自身で1ヵ月おきくらいに顔の写真をとっておくとわかりやすいです。

関連記事:美容鍼灸は何回目に効果を感じやすい?

美容鍼灸とたるみのまとめ

体質改善が進まないと、顔に鍼をしてもあまり効果を実感できません。

体質を変えるには首からの下にあるツボにアプローチすることが必須です。

極端に言うと、表情筋が硬くないなら顔に鍼をする必要はありません

PC作業がメインのお仕事でしたら、ほぼ表情筋は硬くなっていますが…

たるみの大元は体質と考えてください

体質改善は鍼灸の得意分野です。

ぜひ、体の施術もおこなって、美容鍼灸の効果を最大限にして、たるみの改善を目指しましょう。

最初の一歩

今、顔だけの方は、詳しく体質をチェックしてもらってください。

 

追伸:体質チェック

必要項目をチェックしていただくことで、ご自身の体質を知ることができます。

さらにLINE@友達追加をしていただくと、鍼灸師より詳しいカウンセリング結果をお伝えいたします。

LINE@を追加すると、東洋医学的体質診断のお知らせが届きますので、ご確認ください。

 

LINE@友達追加はこちら

携帯の方はボタンを押してください

友だち追加
LINE@追加時の注意事項

PCの方はQRコードを読み取ってください

 

追追伸:老ける理由

東医的に老ける理由もあります。

たるみと同じか、それ以上に、老けたくないという相談も多くいただきます。

興味がありましたら、こちらもチェックしてみてください。

 

 

<スポンサーリンク>