妊活は男性ほどするべき!食事の質を整えて精子の質を高める

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ, タグ: 妊活, 養生法]
  • 妊活は男性ほどするべき!食事の質を整えて精子の質を高める

妊活を進めていく上で、男性の協力は必要です。

たとえ検査の結果、精子になんの異常がなくてもです。

なぜなら、、、

もくじ

  1. 妊活は男性ほど必須
  2. 妊活中、生活の質にこだわる
  3. 受精に精子の量が必要なわけ
  4. タイミング法なんてナンセンス
  5. 月1では正直、厳しい
  6. 男性の妊活に鍼灸がおすすめ
  7. 早ければ、早い方が良い
  8. 妊娠には夫婦の協力が必須
  9. まとめ

妊活は男性ほど必須

男性の精子は、卵子と違って毎日作られています。

どれくらいの量かというと、一日3千万〜2億個(匹?)と言われています。

精子は、男性が生まれてから「後の環境」に影響を受けます。

精子の質は生活習慣を見直せば、いくらでも改善ができるのです。

反対に、卵子の質に関しては、ほぼ決まっていて上げることが難しいです。

比較的、精子の質を高めやすいので男性の協力が必須なのです。

精子の質を高く保つために、、、

妊活中、生活の質にこだわる

最初にお話ししたように、精子は毎日作られています。

食べているものや生活(たばこなどの悪習慣など)の質=精子の質といっても過言ではありません。

受精には質だけでなく、量(数)も必要になってきます。

生活の質は、精子を作ること・精子の運動量などに影響がでます。

 

受精に精子の量が必要なわけ

精子にも役割があります。

  1. 膣の酸性度を下げる役
  2. 卵子の膜を溶かす役
  3. 受精する役(たったの1匹)

膣の中は、感染を防止するために「酸性」になっています。

酸性だから精子なんてのは、あっというまに死んでしまうわけです。

だから「1.膣の酸性度を下げるため」に精子の数が必要になってきます。

一回の射精では2〜3億匹の精子が射精されます。

ですが、、、

受精できるのは、たったの1匹

残りの2億9900匹は酸性度を下げる役、残りの99匹は膜を溶かす役。

「2億9999匹の犠牲」のもと、やっと1匹が受精できるのです。

精子の数が少ないと、膣の酸性度を下げられないので、卵子に到達できなくなります。

だから精子の数が絶対的に必要なんです。

 

タイミング法なんてナンセンス!

あなた方ご夫婦が、自然妊娠を望んでいるなら、タイミング法なんてのはナンセンスです。

むしろ「妨げになる」くらいに考えてください。

なぜなら、精子は毎日作られているので、出していないと「古い精子(質が悪い)」がたくさん卵子に向かっていくことになります。

古い質の低い精子だと、運動量が低くなります。

精子の運動量とは

精子の運動量とは、泳力みたいなものです。

例えば、25m泳げる人と、100m泳げる人が50m競争するとします。

あたりまえですが、100m泳げる人の方が、余裕があるので、50mの競争だと100m泳げる人が勝つでしょう。

反対に、25mしか泳げない人は、もしかしたら50mまで「たどり着かない」かもしれません。

精子でも同じことが言えます。

精子の運動量(力)が低いと、卵子までたどり着けないんです。

前に進む力がないから、膣で酸にさらされる時間が長くなりますし、運良く到達しても卵子の膜を破ることができません。

これは僕の体感ですが、射精量は興奮度も関係があると思います。

だから、タイミング法で月1だと結構難しいかなと。

 

月1回だけでは正直、厳しい

月に1回だと、恥ずかしさからぎこちなくなって、さらに「子作り」という変な意識も重なって、男性はやる気がなくなったり、緊張したりします。

するとうまく充血せずに射精量が減ったり、最悪、勃起しなくなったりします。

これは何も男性に限ったことではなく、女性にも言えます。

それは何?っていうと、女性も緊張で「潤わない」と先ほど説明した「膣の酸性度」を下げられません。

それは、精子を早々に死なせてしまい「卵子の膜を溶かす役」を失うことになります。

だから、、、

普段から行う必要性がある

まずなんといっても、ムードが大事でしょう。

部屋の照明や下着?など、自分が「そういう」態勢になれる状態(環境)を作ってください。

このムード、月に一回だと、ただただ緊張がますばかり。

普段から、スキンシップなど絶やさず、いざ!というときに、気持ち良くなれるようにしてみてください。

先ほども言いましたけど、興奮は射精量や膣の潤いに関わります。

それは妊娠と直結することです。

あとは「質」を整えておくことです。

生活の質は、ご自身で気をつけていただいて、体質を整えるのは、、、

男性の妊活は鍼灸がおすすめ

体質改善は、鍼灸治療が得意とするところです。

これまで説明してきましたが、精子の質を高めるには、生活の質と普段の体調を整えておくことが重要です。

もちろん鍼灸治療・東洋医学にも限界はあります。

それは西洋医学にも言えることなので、東西の医学知識・技術で良い結果(妊娠・出産)になるよう併用してください。

ちなみに、、、

男性の妊活、早ければ早い方が良い

当然ですが、鍼灸で治療をすすめるのも、専門の病院で治療をすすめるのも、早い方がいいです。

なぜなら、私たちは毎日老いています。

体が老いれば、精子も老いていきます。

だから、不妊治療は始めるなら早い方が良いのです。

1日早ければ、それだけ確率はあがっていきます。

僕は34歳なので、どちらかというと確率を下げない、という感覚ですが。

ちなみに、、、

着床率はご存知ですか?

 

着床というのは、受精後の受精卵が子宮に定着することですが、どれくらいの確率で着床するのかというと「20%」です。

なので、年間に2回から多くても3回しか妊娠できないことになります。

加えて、年齢を重ねるにつれて、流産率は高まりますから、早ければ早いほど良いわけです。

だから、、、

妊娠には夫婦の協力は必須

これまで説明しましたが、、、

  1. 精子の質を高い状態に保つ
  2. 卵子は質の良い遺伝子(精子)を待ってる
  3. 精子の役割全うするためにも量が必要

「俺は検査の結果に問題ないから〜」と言ってる場合ではないということです。

お子さんに恵まれたいなら、今すぐ協力して治療をすすめていく必要があります。

もし「いや俺は欲しいと思っていない」ということだったら、一度ご夫婦で話し合う必要があるでしょう。

 

というわけで、一旦、僕からの話は終わりにします。

ここから先は、「僕個人の考え」です。

あと、言葉や言い方が悪いので、気分を害することもあります…^^;

ということが、ご理解いただけた方で「見たい方のみ」ご覧ください。

ここから先のもくじ

  1. やはり早めに医療機関受診を
  2. 治療も出産も早ければ早いほど
  3. 医療機関の受診と鍼灸の併用

 

やはり早めに医療機関受診を

妊活専門の医療機関(病院)は受診してください。

そして適切な治療(服用薬や人工授精など)を受ける準備をすすめてください。

薬をすすめられるかもしれません。

ですが、拒否せず使うべきです。

確かに薬を使えば体には負担になります。

それでも、、、

治療も出産も早ければ早いほど

自然妊娠を願って妊娠できない期間が長くなればなるほど、流産率は上がっていきます。

だから、治療も出産も早い方が良いです。

そんなことは、「今さら言われることでもない!」と思うでしょう。

ですが、あえて言っています。

少しでも早く妊娠・出産を目指すなら、1日でも早く医療機関で適切な治療を受けてください。

ここまで口すっぱくいう理由は、、、

確率の罠

確率ってすごく曖昧です。

例えば今日お話しした着床率ですが、20%と言いました。

けど、1回だけで妊娠する人もいれば、妊娠できない人もいます。

だから、20%というのは、あくまでも統計でしかありません。

サイコロの「1」がでる確率は、16.6%(6分の1)です!というのも、もの凄い回数をふったら、だいたい16.6%(6分の1)だねってだけです。

あなたもスゴロクやったことあると思うのですが、なんでこんなにも1ばっかりでるの?ってときありますよね。

反対に6回サイコロふって、均等に1〜6までが出ることはありません。

サイコロの「ある目」が出るのが16.6%(6分の1)にも関わらずです。

それと一緒で、確率の話をしているときは「全体」の話しかしていません。

そこに、あなたは関係ないんです。

また例え話ですが、「当サロンは、鍼灸治療で妊娠した確率80%です!」というサロンがあるとします。

でも20%は妊娠していないわけです。

何が言いたいかというと、、、

 

確率というのは前提が重要

「そのサロン」で妊娠した人が10人中8人いたとして、その8人が治療をしなくても、いずれは妊娠していたかもしれないわけです。

80%に入った人の前提(体質)が「あなた」と全く同じなら、あなたの妊娠する確率は80%になります。

けど、同じ人なんてこの世にはいないわけです。

だから、迷ってる暇や考える暇、様子を見る暇はないんです。

この間も、着床率や流産率は低下しているからです。

とにかく、あなた自身の妊娠力をあげる必要があります。

そのために、何か迷っている暇があるなら、今すぐ、なんらかのアクションを起こした方が良いということです。

だからこそ、、、

医療機関の受診と鍼灸の併用

医療機関での専門的なアドバイスをまず受けることです。

もし、妊娠するために必要な器質(機能)的にものに何かあれば、薬の服用などと一緒に鍼灸を受ける必要があります。

器質(機能)的に問題がなければ、あとは、あなたの妊娠力を上げるのに必要な「条件」をひとつでも多く整えていくだけです。

この条件のうちに

  • 男性が(または夫婦で)協力すること

が含まれています。

ですから、この記事をぜひパートナーと読んでください。

そして、まずは今日からスキンシップをとってみてください。

最後に、、、

子供を作るというのは、まず絶対にやめた方がいい意識です。

子供は、あなた方のために生まれてくるのでも、産まれた後も、あなた方のために生きているのではありません。

子供は自分の命を一所懸命に生きます。

今、この瞬間を生きることに全力です。

赤ん坊は一人では生きられないので、「守ってくれる人=親」が必要ってだけです。

あまり、こんな言い方はしたくありませんが、赤ん坊は意思を持っていると思います。

だから、子供はやはり授かるのであって、作るのではありません。

厳しい言い方ですが、、、

「作る」だけなら人工授精

子供を作ると考えているなら、今すぐ人工授精や体外受精を試みた方がいいです。

でも、僕はそんな無機質に作ろうとしても、決してうまくはいかないし、来てはくれないと思っています。

子供は、あなた方、二人が愛し合った結果でしかありません。

もっと言えば、子供を授かる準備は、愛し合う以外ないってことです。

この準備が欠けてる以上、その先に進もうとしても、試されることが起こります。

愛し合うというのは、物理(肉体)的なものだけではなく、精神的なものも含まれます。

相手を尊敬し、思っているか、自分の考え・主張ばかり押し付けていないか、などもです。

 

誤解しないで欲しいのですが、お子さんがいない夫婦が愛し合っていない、とは全く思っていません。

いろんな形があって良いと思います。

けど、、、

あなたが結婚をして、避妊をしなけば、自然と妊娠するだろう、と思っていたにも関わらず、今に至るなら。

そして、あなた方「ご夫婦が」望んでいるなら、先ほども書きましたが、まずはスキンシップから始めてみてください。

 

編集後記

僕が、Livingに来て不妊治療の相談を受けるようになってから、感じたことを書いてみました。

これを読んで、僕に言いたいことがある人もいるでしょう。

もっと聞きたいことがでてきた人もいると思います。

施術中でもいいですし、LINEでも良いので、気軽にご意見お聞かせください。

LINEの場合は、返信までに時間がかかる場合がありますので、ご了承ください。

必ず返信します。

友だち追加

<スポンサーリンク>