腰痛のツボ、自分で押せるツボ9選

学生の時に比べると、ほとんど感じなくなった腰痛ですが、疲れがたまってくると、たまに腰痛がぶり返してきます。

そんな時に、自分で押せる腰痛のツボを今日はご紹介します

「自分で押せる」は「せんねん灸を自分で置ける」ことも考慮して腰にあるツボは省略しています。

 

<もくじ>

  1. お腹にある腰の3ツボ
  2. 足にある腰の6ツボ
  3. 刺激方法
  4. 効果が出るまで

 

お腹にある腰の3ツボ

 

お腹の特に真ん中には重要なツボが多くあります。

その中でも腰のツボは3つです

お腹にあるのに腰のツボ、関元

  • 探しやすさ ★★★★★
  • お灸    ★★★★★
  • 指圧    ★

関元は、おへそから指4本分下です。

さわってみて力がないとお腹や足が冷えていることも。

冷えてる人は、ぜひお灸を試してみてください。

お腹のツボは、指圧はしづらいので、さするくらいですね。

 

腰のツボ、中極

  • 探しやすさ ★★★★
  • お灸    ★★★★★
  • 指圧    ★

関元からさらに親指1本下にあります。

お気づきかと思いますが、僕のわかりづらい絵が、これから続きます。

腰と関係の深い腎を補ってくれます。

 

腰のツボ、気海

  • 探しやすさ ★★★★★
  • お灸    ★★★★★
  • 指圧    ★

関元とおへそのちょうど真ん中にあります。

中極と同じく、気海は腰と関係の深い腎を補ってくれるので、腰痛のある人には必要なツボです。

 

腰のツボ、関元・中極・気海の全体像

気海が少しわかりづらいですが、専門的に寸法でいうと、気海はおへそから下に1.5寸、関元がおへそから下に3寸、中極はおへそから下に4寸です。

おへそから、指3本分下の関元を探して、おへそと関元を2等分したところに気海があります。

中極は関元から親指1本下です。

 

 

足にある腰の6ツボ

腰なのに足にも腰に良いツボがあります。

外出先でお腹が出せなくても、足から腰にアプローチできます。

 

足なのに腰のツボ、梁丘

  • 探しやすさ ★★★
  • お灸    ★★★
  • 指圧    ★★★★★

場所は膝のお皿から指3本分上、股関節に向かってあがってください。

外側にあります。

胃に関係のあるツボで、急に胃が痛くなったときなんかにも使えます。

お灸ができない時は指圧で刺激してください。

腰痛でも、腰が反り返っている人に良いです。

この絵、わかりづらいと思うので聞いてください。

 

足首だけど腰のツボ、崑崙

  • 探しやすさ ★★★★★
  • お灸    ★★★
  • 指圧    ★★★★★

外くるぶしとアキレス腱の間に、くぼんだところがあるので、そこが崑崙(こんろん)です。

崑崙は、くぼみにあるので、お灸はしづらいかもしれません。

落ちないように気をつけてください。

 

カカトだけど腰のツボ、僕参

  • 探しやすさ ★★★
  • お灸    ★★★★
  • 指圧    ★★★

僕参(ぼくしん)は、崑崙からカカトの方に降りると、突き当たるところです。

 

固いところなので指圧よりはお灸の方がいいでしょう。

でも指でぎゅーっと押すと気持ちがいいですよ。

 

足首だけど腰のツボ、大鐘

  • 探しやすさ ★★
  • お灸    ★★★★
  • 指圧    ★★★

同じ足首でも【内側】です。

アキレス腱がカカトにくっついているところから指先に向かうと、すぐにくぼみがあります。

そこが大鐘(だいしょう)です。

腰と関係の深い腎経のツボです。

 

カカトだけど腰のツボ、水泉

  • 探しやすさ ★★★★
  • お灸    ★★★★
  • 指圧    ★★★

水泉(すいせん)は僕参の反対側です。

 

カカトの外側が僕参、内側が水泉です。

腰痛のある方はカカトを挟んでお灸したり、もんだりするといいですね。

婦人科系のお悩みにも良いツボです。

 

足首だけど腰のツボ、中封

  • 探しやすさ ★★★
  • お灸    ★★★
  • 指圧    ★

内くるぶしから指を前に滑らせると、くぼみがあります。

中封(ちゅうほう)です。

ぎっくり腰になった時に良いツボです。

中封の刺激は鍼の力が必要かもしれません。

その意味で星1つです。

刺激方法

肩こりからくる頭痛の対処法は緩めるしかない

刺激はお灸でもいいですし、指圧でもいいです。

お灸は火傷(やけど)と火事に注意してください。

指圧は押せなくても、さするだけでも良いです。

ツマヨウジを10本くらい輪ゴムで束ねて、優しくツボを叩きながら刺激するのも良い方法です。

 

火を使わないお灸もあります

by カエレバ

火を使わないお灸は、Livingでも販売していますよ。

効果がでるまで

すぐに効果が出るものから、時間がかかるものまであります。

慢性的な腰痛だと、実感できるまでに時間がかかるでしょう。

まずは、今日ご紹介したツボのなかなか1つでもいいので、毎日刺激してみてください。

少しでも参考になれば幸いです。

関連記事

<スポンサーリンク>