腰痛を腹筋の筋トレとストレッチで改善する方法

腰痛腹筋筋トレストレッチで改善する方法をお伝えします。

方法をお伝えすると言っておきながらですが、腰痛の人は腹筋をしてはいけません

腰痛の人が腹筋をしてはいけない理由がわかると、腹筋の効果的なストレッチ方法も理解しやすいので、説明していきます。

  1. 腰痛の人が腹筋ダメな理由
  2. 鍛えてほしい「本当の腹筋」とは
  3. 腰痛持ちのための腹筋ストレッチ
  4. 腹筋ともう一つ鍛えてほしい場所

 

腰痛の人が腹筋ダメな理由

腰痛持ちの方の多くは、腰が丸くなっています。

座っている時は、さほど緊張感がなくても、立っている時は腹筋に力が入ってしまいます。

腰痛持ちは腹筋を常に使い続けているのです。

腹筋を使い続けているから腰痛なのに、さらに腹筋をすると腰痛は改善するどころか、悪化することさえあります。

 

あなたの考える腹筋は腰痛の原因となる

一般的な腹筋を鍛える、もしくは使いすぎると、腰痛の原因になります。

その「一般的な腹筋」とは、腹直筋(ふくちょくきん)といいます。

いわゆる「シックスパック」です。

あなたも一度はやったことがあると思うのですが、腹筋って腰を丸めますよね。

腹直筋は、腰を丸める筋肉なので、使いすぎたり、ケアをしていないと、普段の姿勢が悪くなって腰痛になります。

こんな人は要注意

普段、座っていることが多い人や最近おしりがたるんできた人も、お腹の緊張が取れずに悪い姿勢になっています。

このお腹の緊張が強い腰痛タイプの人は、肩こりや頭痛がひどい場合が多いです。

 

鍛えてほしい「本当の腹筋」とは

腹直筋の緊張は取り除いてほしいので、あとでお話するストレッチをしてほしいです。

鍛えてほしいお腹の筋肉は「腹横筋(ふくおうきん)」です。

字のまま、お腹の横にくっついている筋肉です。

腹横筋は「コルセットになる」といわれていますので、腰痛の方にぜひ鍛えてほしい筋肉です。

 

腰痛もちの腹横筋の鍛え方