ご予約お問い合わせ TEL.093-522-8455

受付時間 10:30~19:00 最終受付 18:00
定休日 月曜日・不定休

妊娠中の腰痛・乳腺炎対策には、うつ伏せ寝がいいよ!6つの理由を説明します。

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ, 腰痛]
  • 妊娠中の腰痛・乳腺炎対策には、うつ伏せ寝がいいよ!6つの理由を説明します。

妊婦さんは、うつ伏せになれない、、そんな常識を覆す枕があります。

それは、天使のたまご監修のうつ伏せ寝枕です。

妊婦さんが、うつ伏せになっても大丈夫?と心配になるかもしれませんが、福澤も妊婦さん時代に、天使のたまごで施術してもらっているので、体験済みです。

どんな枕なのか、6つの効能がありますので、今からご紹介しますね。

ちなみに、天使のたまごとは、妊婦さんのための鍼灸サロンです。

Livingも大変参考にしているサロンです。

HPはこちら http://www.tenshinotamago.com/index.html

 

妊娠中の腰痛や乳腺炎対策にうつ伏せ寝!

妊婦さんである、あなたもこんな状態ではないでしょか。

  • 仰向けだと腰が痛い
  • いつも横向きで疲れる

これを解消できるのが、妊婦さん専用、うつ伏せになれて、腰痛対策にもなると言われる枕です。

妊娠中の腰痛 

 

なぜ、妊婦さんの腰痛対策にうつ伏せが良いのでしょうか。

 

妊婦さんがうつ伏せで腰痛対策できる

 

さすがは、天使のたまごさん!妊婦さんのためを思った設計になっています。

通常、うつ伏せ寝は、腰をそらしすぎるため、負担になるよくない姿勢ですが、このうつ伏せ枕は、足の付け根のクッションが骨盤を高くし、腰への負担を軽くしているそうです。

実際、僕も寝てみましたが、かなり腰が高くなります。

福澤いわく、妊婦さん時代、うつ伏せになれたときは、かなり気持ちが良かったみたいです。

 

しかも、天使のたまごでは、うつ伏せで、妊娠する前と同じようにマッサージしてくれるそうです(福澤談)

だから、妊婦さんが、うつ伏せになってくれることで、僕たち施術者も、ほぐしや鍼灸治療が行いやすい、というメリットがあります。

やはり横向きだと、力の加減が難しいことは否めません。

それでも気持ちが良かった!と言ってはもらえますが、うつ伏せになってもらえた方が、より良い施術を提供できます。

 

高血圧の方にも安心

 

妊娠中、仰向けだと腎臓への血液が滞りがちになりますので、尿が作られにくくなります。

その結果、腎臓からホルモンが分泌されて高血圧になり、蛋白尿の原因にもなります。

うつ伏せになれると、腎臓などの内臓へいく血管を圧迫しないので、妊娠中の高血圧が心配な方も安心して、ご利用いただけます。

だから、たまにはうつ伏せにならないといけないんですね。

 

妊娠さんのむくみ予防にも

妊娠中、子宮と背骨の間にある大静脈を圧迫して、下半身の血液が、心臓に戻りにくくなりむくみやすくなります。

うつ伏せになることで、この大静脈の圧迫を一時的に和らげることができるんですね。

 

お腹の赤ちゃんのためにも

ママの血液循環が保たれることで、赤ちゃんにも酸素や栄養素が届きやすくなります。

 

おっぱいトラブル予防にも

乳腺炎やおっぱいのでが良くないなどのトラブルは、血液の循環が悪いことが原因であることも・・。

妊婦さんの乳腺炎予防にはうつ伏せ寝

妊婦さん用のうつ伏せ枕には、ちょうどおっぱいのとこにくぼみがあり、おっぱいを真っ直ぐ下にすることができます。

おかげで、おっぱいを圧迫しない姿勢をつくり、背中やおっぱいの血液の循環をよくなるようにサポートしてくれます。

 

産後の骨盤ケアにも

なんと、このうつ伏せ枕は、産後の骨盤ケアもできるそうです! うつ伏せになって、かかとを閉じたり開いたりするだけなので、手軽にできそうですね!

 

妊婦さんは、腰が痛くなったり、むくんだり大変です

Livingにきて、このうつ伏せ寝枕で、腰痛やむくみを少しでも解消しにきてくださいね。

もちろん、怖くてうつ伏せ寝にはなれない方もいるかと思いますので、施術前にお聞きしますから、遠慮なくお断りください。

必ずうつ伏せ寝枕で施術を受けなきゃいけない!ってわけではありませんので、ご安心くださいね。