雨の日に頭痛が悪化する人のためだけの解消法 | 応急処置には運動、根本は鍼灸

今日は、頭痛もちで普段もつらいけど、雨の日は特に悪化する、という方だけの解消法をご紹介します。

雨の日にひどくならない方には全く意味がないどころか、反対に悪化することがあるので、良い子の皆さんは絶対に真似しないでくださいね。

雨の日にひどくならない方は別の記事を参考にされてください。

また解消法を試す前に、もくじ-3の雨の日に頭痛が悪化する人の特徴も念のためご覧ください。

<もくじ>

  1. 雨の日に悪化しない方への参考記事
  2. 雨の日に頭痛が悪化する人のためだけの解消法
  3. 雨の日に頭痛が悪化する人の特徴
  4. 余分な水分は◯で出しちゃえ!
  5. 雨の日の前に対策が必要
  6. 頭痛は辛いですよね
  7. 最後の最後、そして本当の最後に(余裕があれば読んでみて)

肩こりと頭痛がひどい方へ

 

眼精疲労からくる頭痛

汗をかくと頭痛がひどくなる人だけの解消法

 

雨の日に頭痛が悪化する人の解消法

雨の日に頭痛が悪化する人の解消はズバリ!

雨の日に頭痛が悪化するなら運動

 

運動して汗をかいてください。

「ああ、運動をすると血流がよくなるから、それで頭痛が収まるのね!そんなの当たり前やん!」とお考えの方、それは違います!

運動をして血流がよくなることで、反対に頭痛が悪化する方もいます。

だいたいこのタイプの方は、「脈をうつような頭痛」でドクン!ドクン!と脈拍と合わせて頭痛がするタイプですね。

このタイプの方は運動で頭痛を解消法しようとしてはいけません。

 

雨の日に頭痛が悪化する人の特徴

雨の日に頭痛が悪化する人の特徴

雨の日に頭痛が悪化する人は普段から「体の水はけが悪い状態」が続いています。

体の水はけ(水分代謝)が悪いと、校庭の水たまりのように、次第に滞って「詰まり」ができてきます。

この「詰まり」が頭で引き起こされたもの、それが今回お話している「雨の日に頭痛が悪化するタイプ」です。

この症状が水に関係していることから、体の水が多くなる(雨の日や湿気の多い日、汗をかけないなど)と、さらに悪化するのです。

すでに詰まっているのに、体に水分が入ってくることで、余計に詰まりがひどくなり、頭痛が悪化する、ということです。

だから、、、

 

余分な水分は汗で出しちゃえ!

雨の日に頭痛が悪化なら汗をかくべし

体に水分が余っていて、詰まりを引き起こしているなら、汗をかいて出してしちゃおう!というのが「雨の日に頭痛が悪化するタイプ」の人ができる応急処置です。

極端なことを言えば、夏場はあまり頭痛がない人は、このタイプですね。

反対に、夏場よく汗はかくけど頭痛がある人は、あまり天候に左右されない(もしくは天候のせいだと思い込んでる)別のタイプです。

だから、汗をかいても頭痛は解消されません…。

それどころか悪化してしまいます。

では、ついでに、

別の特徴もみておきましょう

「雨の日に頭痛が悪化するタイプ」のその他の特徴は頭痛の他に、、、

  • 下痢をしやすい
  • 咳がでる
  • むくみが強い
  • 水分をよくとる
  • 反対に飲めない時がある
  • 食欲がないことがある
  • 鼻がつまったり、鼻水がよく出る
  • 痰(たん)が絡む
  • お酒をよく飲む
  • めまいもある

といった特徴があります。

もし思い当たる症状があるなら、症状が出てからでなく、、

 

雨の日の前に対策が必要

雨が降る前に鍼治療が必要

運動は雨の予報の前にしておいて、少しでも水分を外に出しておきましょう。

それだけでも雨の日に頭痛が悪化しにくくなります。

ただし、この「水はけの悪さタイプ」は、体の状態としては慢性的で、しかも治療は長い期間が必要になります。

ですので、応急処置を何度やっても、悪化しにくいだけで、不調は繰り返しています。

それでも良いなら何も言いませんが、、、

 

頭痛は辛いですよね

雨の日の頭痛は辛い

ちょっと違いますが、ぼくも二日酔いの頭痛が辛いのでよくわかります。

でも僕は、二日酔いにならないように、気をつけることで不快な気分にならずに済みます。

あなたも不調を感じたくないなら、不快な雨の日を減らしたいなら、1日でも早く鍼灸治療を始めてください。

完全なる余談ですが、、、

しとしと降る雨の音を聞くのが好きです。

周りの音がないから、雨の音だけが聞こえる「あの時間」に本を読んだりするとリラックスできます。

あなたに、ここまでなってもらえなくても、「雨の日が不快じゃない日」になってもらえれば幸いです。

 

最後に、、、

あなたの周りに「雨の日に頭痛が悪化するタイプ」で困っているお友達がいたら、この記事をシェアしてあげてください。

ちなみに、あなたが女性なら、鍼灸治療とセットで個室で受けられる小倉北区のよもぎ蒸しも汗をかくにはおすすめです。

最後の最後に、、、

頭痛の原因は様々ですから、いつもより頭痛がひどい時は、すぐに医療機関への受診をお願いします。

本当の最後に、、、

雨の日に頭痛が悪化するタイプを東洋医学の知識を使って治療をすすめていくなら、どんなことをするのか、知りたい方だけ、続きをお読みください。

 

水はけの悪いタイプの東洋医学的原因

頭痛の原因

水はけに関わるのは、脾(ひ)・肺・腎の3つです。

特に今回の話に関わるのは、東洋医学での脾です。

脾は、喜燥悪湿(きそうおしつ)といって、乾燥を好み、湿気を嫌います。

ですから、雨や湿気の多い時期、水分のとりすぎは、脾の機能が低下して、水はけが悪くなります。

また、脾は消化した水分を肺に運ぶ働きもありますが、この機能も低下するので、、、

肺の機能が低下する

脾から肺に移動するところで、「詰まり」ができてしまい、その塊りが肺にいくことで、肺の機能が低下します。

すると、咳や鼻水、痰(たん)、風邪をひきやすい、胸がつかえるなどの症状が出てしまいます。

さらに、、、

腎の機能まで低下

脾から肺に集められた水分は、通常なら腎に向かいますが、雨の日に脾がやられてしまうと、肺もやられてしまうため、腎にまで水分がうまく移動できません。

すると腎の機能まで低下します。

腎は、水はけのリーダー的存在ですから、むくみが強くなったり、下痢、呼吸の乱れ(息切れなど)が出てきます。

また腎では、不要な水分はおしっことして外に出し、再利用できるものは、肺に戻しています。

この機能も低下しますから、肺に詰まりを起こす塊りができてしまうのです。

こうして、脾・肺・腎は、相互に影響して不調を引き起こしてしまいます。

だから、治療も1箇所では難しく、たくさんのツボなどを使って行く必要があります。

ですから、、、

日々のケアが必要

頭痛は日頃のケアが必要

雨の日に頭痛が悪化するタイプなら、普段、水はけが十分できているかが、頭痛を悪化させないかどうかに影響します。

特に「脾」が、しっかり乾燥しているかが重要なのです。

脾は、消化に関わりますので、暴飲暴食、食生活の乱れは、脾に負担がかかり湿気を伴ってしまいます。

ですので、雨の日に頭痛が悪化するタイプなら、運動と食生活の見直しが必要なのです。

また途中でお話したように、慢性度が強い状態ですので、鍼灸治療の手助けも必須でしょう。

お困りの方は、ぜひ、一度、ご相談ください。

雨の日に頭痛が悪化する方はご連絡下さい

電話で予約

電話で予約
TEL:093-522-8455

<スポンサーリンク>