睡眠の質を高める方法 | 筋肉を緩めてから寝よう!

睡眠の質を高めるには、筋肉を緩めることが重要です。

緩める方法は、いろいろあるので、筋肉を緩めて、睡眠の質を高める方法をお話します。

もくじ

  1. 僕の恥ずかしい話
  2. 実はもう一つお恥ずかしい話が
  3. まずは筋肉の緊張を緩める
  4. 体がほぐれるだけでストレス発散になる
  5. 鍼以外の睡眠の質を高める方法7選
  6. 前向きで有意義な1日のために
  7. 睡眠の質まとめ

睡眠の質の前に、、、

僕の恥ずかしい話をしなければなりません。

健康に関わる仕事をしているので、中野夫妻は、健康的な生活を送っているんでしょう?とお思いかもしれません。

もちろん、食事の質にはかなりこだわっています。

僕らの体は食べた・飲んだ物から「しか」作られていないからです。

が、いかんせん、お酒が大好きなわけです。

それでも、体に負担がかからないように、食事(使うもの・内容)に気をつけて、お酒を長く楽しめるように、努力しているわけいます。

 

ストレスがたまると酒量が増える

健康的な食事をしていても、やはりいろいろとストレスはたまります。

発散したがっているのか、酒量が増えるわけです。

 

睡眠の質が低下する

夜中に目がさめることが多くなります。

寝る前に、トイレに行っても、夜中にトイレに行きたくなります。

軽い脱水になって喉が乾いて起きることもあります。

こうした、ちょっとした変化で、睡眠の質が低下していくのです。

こんな不健康なことも、たまにはしてしまうわけです(人間だもの)

実はもう一つ恥ずかしい話があります

先月くらいから、睡眠の質が低下していたこともあり、お酒の量は減らしていたのですが、なぜだか左の首から肩にかけて、朝起きると痛みが…。

そんな日が続いていました。

が、ついに、頭痛や肩こりといった症状までに発展してしまったのです。

前兆があったのに、ほったらかしにしてしまいました。

とほほ…

あなたには口すっぱく「予防が大事だから、ならないようにしてください!」と言っておきながら、自分は肩こりになるまで放置してしまいました。

結局、力が抜けない期間が続き、まくらと体が合わずに、睡眠の質が悪くなっていました。

これはいかん!ということで、ある対処をしました。

筋肉の緊張を緩める

自分でできる範囲を超えていたので、首と頭に鍼をしてもらいました。

1日で改善しないですが、治療を受けてすぐに出た変化があります。

 

睡眠の質が高まる

朝までぐっすり眠れたことです。

次の日の朝は、起きた時の痛みが減っていました。

2日目も治療をして、さらにしっかり寝れて、朝はほとんど痛くありません。

今、これを書いているのですが、もう痛みはありませんし、朝まで一度も目がさめることなく、しっかり寝れています。

体がほぐれるだけで睡眠の質は高まる

体が緊張していると、心も緊張していきます。

イライラしやすくなったり、やる気がなくなったりします。

精神的な負担から、体が緊張することもあります。

どちらにしても、体の緊張をほぐすと心の緊張も並行してほぐれていくのです。

体と心の緊張が和らぐと、悪しき(本当はダメだとわかっているけど、やっちゃう)習慣から脱却できるのです。

僕は、鍼を受けるとお酒の量が減ります。

お酒の量が減れば、夜中に目が覚めたり、トイレに行かずにすむので、睡眠の質は高まります。

(僕の名誉のために…別に酒乱とか浴びるように飲んだりはしてませんよ)

 

睡眠「時間」は関係ありません

短かろうが、長かろうが、よく寝た!とスッキリ起きれるか、が重要です。

8時間寝ていても、もうちょっと寝たいと思うなら、睡眠の質は低下しています。

反対に、4時間しか寝なかったけど、スッキリなら十分です。

僕は6時間半くらいの睡眠時間ですが、スッキリ起きれて、日中眠くなっていません。

鍼以外に普段からできる睡眠の質を高める方法7選

簡単な方から順にご紹介します。

  1. 歯磨きの時間帯
  2. ブルーライトカット
  3. 朝起きがけに日光浴
  4. 脱力タイム
  5. ストレッチ&瞑想
  6. 寝る直前にお風呂

歯磨きの時間帯

寝る直前に歯を磨くのは厳禁。

歯を磨くと目が覚めやすいそうです。

夕食直後に磨き、寝るまで時間をたっぷり取りましょう。

 

ブルーライトカット

同じ理由でブルーライトを寝る前に浴びないようにしましょう。

ブルーライトは「覚醒」する光です。

寝る2時間前には携帯やTVは見ないようにして、本や音楽などを楽しんでみてください。

どうしても見たい方は、ブルーライトカットのメガネをかけたり、携帯アプリでブルーライトをカットしてください。

それでも、寝具の近くには置かないようにして、30分前には扱わないようにしましょう。

*紹介:僕が使っているブルーライトカットアプリ→ブルーライトカットアプリ

 

朝起きたら日光浴

夜の睡眠は、朝起きた時に決まると言っても過言ではありません。

朝日を浴びてから16時間後に睡眠導入ホルモンが分泌されるからです。

7時起きると、23時頃まで寝にくいってことです。

 

起きる時間を一定に

休みの日に起きる時間が遅くなると、寝る時間が遅くなり、仕事の日の朝、起きるのが嫌になるってことです。

休みの日でも平日と同じ時間に起きて、朝日を浴びてください。

睡眠リズムを整え、睡眠の質を低下させない方法です。

 

脱力タイム

妊娠中の腰痛

力が入ったまま寝ると睡眠の質が低下するだけでなく、体の痛みを引き起こします。

寝る前に数分時間をとって、脱力してから入眠しましょう。

方法は、思いっきり力を入れて、いっきに脱力するんです。

必ず布団の上で行ってください。

 

ストレッチ&瞑想

リラックス効果が高いので、時間が取れそうな人は、ぜひ。

TVや携帯見る代わりに、取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

寝る直前にお風呂に入る

熱々のお風呂はNGですが、40〜41度くらいの比較的、ぬる目のお風呂であれば、リラックス効果があり、睡眠の質向上に期待できます。

人は体温が下がると眠くなる

人が寝るためには、体の深部の体温を下げる必要があります。

手足の先を暖かくすることで、体の温度を下げているのです。

反対に冷え性で、手足が冷えている人や体(胸のあたり)がほてっている人は、体の温度を下げられず、なかなか寝付けないはずです。

寝る直前のお風呂は、ぬる目がいいですね。

熱々のお風呂は「朝起きた時」に向いています。

前向きで有意義な1日のために

朝スッキリ目が覚めると、前向きに行動できます。

朝から痛みがあると、「今日仕事いきたくないなぁ」とか思っちゃいませんか?

でも、休むわけにはいかないので「仕方なく」出勤する。

もやもやしながら仕事するから嫌になって、心の負担も増えてくる。

また睡眠の質は低下して、朝がダルいという負のループに陥ってしまいます。

そこまでいくと、なかなか自分では解決できません。

 

忙しい・体調が悪い時こそ治療が必要

時々、仕事が忙しくて…体調が悪くて…とキャンセルしたり、治療期間をあける方がいますが、、、

逆です!逆、逆!!

今こそ、治療が必要です。

あなたが、週に1回の治療を続けているなら、1回は短くなってもいいので、週2回とか3回受けた方がいい。

睡眠の質は、治療を受けない期間中、どんどん悪くなっているからです。

睡眠の質まとめ

僕の恥ずかしい自己管理不足の体験談から、睡眠の質を維持するために必要なこと、向上するのに取り組むと良いことをお話しました。

振り返ると、、、

  1. ストレスは体のこりだけでなく睡眠の質まで低下させる
  2. ストレスは悪しき習慣を加速させる&睡眠の質低下
  3. 忙しい・不調な時こそ、早め&いつも以上に治療が必要

この3つは、ぜひ覚えておいてください。

 

睡眠の質を高める取組み(復習)

  1. 歯磨きの時間帯
  2. ブルーライトカット
  3. 朝起きがけに日光浴
  4. 脱力タイム
  5. ストレッチ&瞑想
  6. 寝る直前にお風呂

参考になれば、幸いです。

睡眠と寝具は関係ない

睡眠の質に布団やまくらは関係ないの?と思った方。

はっきり言いますが、関係ありません。

僕は今回、布団もまくらも「変えずに」睡眠の質を向上させたからです。

体が硬いと寝具に体を預けることができないから、僕のように睡眠の質が低下してくるだけです。

あなたの睡眠の質が低い原因は

  1. 体が硬い・こってる
  2. ストレスによる悪しき習慣

解消すれば、睡眠の質はあがります。

 

解消は、たったひとつ

  1. 体を柔らかく・こりを取り除く

ストレッチをするのも効果的ですが、間に合わない場合は、鍼が良いです。

僕も自分で試みましたが、もはや手遅れでした。

あなたも疲れがピークなら忙しくても「治療の時間を死守する」ことをお勧めします。

気軽にご相談くださいね。

参考

肩こりにおすすめの枕

<スポンサーリンク>