胃もたれ解消のツボ5選 | 薬が効かない時に試す価値あり

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ]
  • 胃もたれ解消のツボ5選 | 薬が効かない時に試す価値あり

久々に胃もたれになりました。

健康に携わっている者としては、恥ずべき行為ですが、解消したい一心で自分の体を実験台にしてみました。

胃もたれに良いと言われているツボを5つ選んだので、薬が効かない時などに試してみてください。

続く場合は医師にご相談を。

 

もくじ

  1. 胃もたれ特効ツボ不容
  2. 朝起きて胃がもたれてたら内関
  3. 胃の消化不良には足三里
  4. 胃酸が多いなら足三里はダメ
  5. 胃腸の調子を整える豊隆
  6. 養生穴を知っていますか?

 

胃もたれの特効ツボ「不容」

不容(ふよう)です。

もう入りませんっていう時に使うツボということで、名付けられたとか名付けられなかったとか。

特効ツボなので、ぜひ押してください。

お腹なので、優しく押してくださいね。

さするだけでも構いません。

 

不容の場所

お腹の中心から、横にした指3本分外側で、肋骨のちょうどカーブするあたりにあります。

胃もたれに良いツボ | 鍼灸サロンLiving

 

朝起きて胃がもたれたら「内関」

胃がもたれていて、少し吐き気があったら、内関(ないかん)というツボを刺激するのがおすすめです。

 

内関の場所はここ!

手のひら側で、手首のシワの真ん中から、指3本分肘の方に移動したところです。

胃もたれに良いツボの内関

男性だと筋肉の筋が少し浮いてると思いますが、その間を指で痛くない程度でも大丈夫ですので、押してあげると良いです。

お灸をお持ちなら、3〜7分くらい温めてあげてください。

 

胃の消化不良には「足三里」

消化不良なら胃酸の出してくれるツボである足三里がおすすめです。

今の僕は完全なる消化不良による吐き気と胃もたれだったので、足三里をこれでもかと刺激しておきました。

お灸:5分程度。長くても10分くらい。

 

足三里はどこにある?

スネの骨の外側(小指側)を足首の方から、膝に向かってなぞっていくと、ぶつかるところがありますので、そのあたりで押してみて痛みがあるところが、足三里です。

足三里も胃もたれに効果的

 

胃の消化不良ならもうひとつ良いツボあります

それは梁丘(りょうきゅう)です。

東洋医学でいう胃は、気を下に降ろす(通降)という作用を持っています。

胃の調子が悪くなって、食べ物を降ろすことができなくなっているので、梁丘を刺激して、気の通りをよくして、食べ物が腸に行くように促すのです。

梁丘は郄穴(げきけつ)といわれる特殊な役割を持つツボで、急な症状を解決するのに適しています。

慢性的な胃もたれや消化不良の方には向きませんが、僕みたいに夜中にラーメンを食べてしまって・・という人にはうってつけなツボです。

お灸:5〜10分

胃酸が多いなら足三里はダメ

胃酸が多く出過ぎているなら、足三里を刺激すると逆効果です。

足三里は胃酸を出してくれるツボだからです。

胃酸が多く出過ぎているなら、使うツボは中脘(ちゅうかん)です。

おへそから、指を横にして4本分のところにあります。

胃酸のですぎには中脘

 

胃の調子を整えるツボ「豊隆」

豊隆(ほうりゅう)というツボもご紹介しておきます。

普段、むくんでいる人や痰(たん)がからみやすい人に良いツボです。

胃の調子を整えてくれるツボでもあります。

豊隆は、スネの骨の真ん中から、少しふくらはぎ側に指をズラしたところにあります。

すみませんが、画像探し中です。

お灸:5〜10分

養生穴というのをご存知ですか?

sinkyu_img003

今日、お話したツボのうち、内関・足三里・中脘は、養生穴といって毎日でもお灸をしてあげると良いツボです。

簡単にできるお灸としてLivingでもよく購入いただくのが・・

 

火を使わないお灸、太陽

ぎっくり腰には鍼灸治療が効果的

火を使わないので、やけどや火事の心配がありません(低温やけどの可能性はありますので、調節してくださいね)

臭いもないので、職場でも使えます。

夏の冷房で冷え切ったオフィスや今から冬に向かって行く時期に、よく購入いただきます。

もぐさの成分も入っているので、ちゃんとしたお灸です。

デメリットもあって、3時間つけておくことができるくらい、通常の灸と比べると火力は落ちます

でも気軽にできるので、毎日してみようかなと感じた方は、チェックしてみてくだださい。

 

 

火を使うタイプで香りの良いものもあります。

通常のお灸だと家の人に気を遣うから、とおっしゃる方もいますが、アロマ灸は香りも良いのでおすすめです。

火を使うタイプですので、やけどや火事にはくれぐれもご注意ください。

Livingで購入可能なので「専門家に話を聞いてから買った方が安心!」という方は、お気軽にご相談ください。

今日ご紹介したツボを刺激する場合、健康状態に留意の上、参考にされてください。

健康被害等におきまして、Livingでは一切責任を負いかねますので、不安な方は必ず専門家にご相談ください。

 

参考図書

 

関連記事

 

<スポンサーリンク>