小倉北区でむちうちの治療を受けたい方

GWなどの行楽シーズン、車ででかける機会も多いかと思います。

起きないことが願われるのですが、万が一、起きてしまった時に慌てないで対処をお願いします。

もし、むちうちになってしまった場合もLivingでの治療が可能ですので、事故の対処から治療までを解説いたします。

交通事故に遭遇したら安全確保

これは、被害者、加害者関係なく、まず安全の確保をしてください。

他の車にも十分注意しながら、安全を確保してください。

 

怪我をした人がいる場合

ぎっくり腰、小倉で鍼灸を受ける前に検査を

怪我をした人がいるなら、その方を安全な場所に移動させます。

首の怪我が疑われる場合は、その場から移動させずに、人がいることを後続車へ注意を促してください。

そして救急車(119番:クリックすると電話がかかります)を呼んでください。

ご自身の身の安全もお忘れなく!

 

警察へ連絡

これも被害者、加害者関係なく、警察に連絡をしてください。

なお、ご自身の加入している任意保険の担当者さんにも連絡をしておきましょう。

気が動転しているので、相手と話してくれたり、やっておくべきことを教えてくれます。

ちなみに、、、

 

これだけはチェック!

もし、冷静さを保てていたら、以下のことをしてください。

  1. 相手の連絡先(名刺などがあればもらう)
  2. 免許証の写メを撮らせてもらう
  3. ナンバープレートの写メ
  4. 車の破損状況の写メ
  5. 番外:相手の任意保険の連絡先

5の番外ですが、任意保険に加入していない人が稀にいます。

以前、僕がぶつけられた時は、任意保険に加入していない人で、それはそれは大変な目に遭いました。

人身扱いに

基本的に、事故後、レントゲンは撮っておいた方がいいですし、後日、首に痛みがでることもあります。

警察の方には人身事故扱いになるように、処理をお願いしましょう

もちろん、後日、物損から人身事故に切り替えることもできますが、切り替えまでの期間が空くと、因果関係を証明することが大変だったります。

ですので、警察には人身事故として処理してもらってください。

整形外科でレントゲンを取る

事故後に痛みの出ることが多いのは、、、

  1. 首(むちうち)
  2. 肩まわり(背中)
  3. 股関節・殿部(おしり)

の主に4つです。

ですので、ちょっとでも事故後に違和感のある部分は、整形外科受診時の問診表に記載しておいてください。

後から痛みが出ても、日常生活での痛みと事故の痛みの違いを証明できなければ保障されません。

違和感のある場所は全て伝えてください

その後の治療はLivingでできます

相手の保険会社担当者さんに、「リビング整骨院に通院(転院)したい」と伝えてください。

必ず整骨院と伝えてください。

ほとんどの方が知らないと思いますが、Livingは整骨院の届出をしております。

鍼灸院と伝えてしまうと転院できないことがあります。

もし、わからなければ、代行しますので、気軽におっしゃってください!

 

事故は因果関係が全て

事故後に整形外科に行くのも早い方がいいです。

整形外科に行くのが遅くなると、日常生活での痛みではなく、事故による痛みと証明しなければいけないからです。

どんなに仕事が忙しくても、遅くとも3日以内にはレントゲン撮影を受けてください

認められなければ、どんなに首が痛くなっても補償されません。

同じ理由で、、、

しっかり通院してください

治療の間があけば、常識的には「ああ、調子がいいんだな」と考えます。

だから、痛みがあるなら、しっかりと通院してください。

仮に治療費は補償されても、万が一、後遺症が残った時に、後遺障害が認定されません

ご自身の体のためにも、事故後は直ぐにしかるべき医療期間を受診すべきなのです。

 

気軽にLINEしてください

もし事故のことで、わからないことがあれば、気軽にLINEでご相談ください。

下記より友達追加後、やりとりが行えます。

友だち追加

 

とにもかくにも、、、

事故に遭わないのが一番!

行楽シーズンですので、事故に遭わないよう、車間距離には十分注意してください。

また加害者にならないためにも、余裕をもった運転や前日の睡眠、脇見運転など、くれぐれもご注意いただき、素敵な連休をお過ごしください^^

そして、、、

飲酒運転はダメ!絶対!

飲んだら乗るな、乗るなら飲むな!です。

飲酒運転は絶対にしないでくださいね!