事故でむちうちになったらすること | 病院は何科に行くべき?

  • TOP
  • [カテゴリー: ブログ, タグ: むち打ち]
  • 事故でむちうちになったらすること | 病院は何科に行くべき?

GWや年末年始などの行楽シーズン、車ででかける機会も多いかと思います。

車の量が多くなると交通事故の数も自然と増えます。

むちうちになったら、病院何科に行けばいいのかなど不安になるので、交通事故直後の対応から、病院は何科にいくか、通院の注意事項まで、まとめましたので、保存しておいてください。

交通事故に遭遇したら安全確保

の前に、

まずは落ち着いてください

 

落ち着いたら、被害者、加害者関係なく、まず安全の確保をしてください。

他の車にも十分注意しながら、安全を確保してください。

 

怪我をした人がいる場合

ぎっくり腰、小倉で鍼灸を受ける前に検査を

怪我をした人を安全な場所に移動させます。

首の怪我が疑われる場合、動かさないでください。

二次被害がでないように、反射板などで後続車に知らせます。

救急車(119番:クリックすると電話がかかります)を呼んでください。

ご自身の身の安全もお忘れなく。

 

警察へ連絡

被害者、加害者関係なく、警察に連絡をしてください。

ご自身の加入している任意保険の担当者さんにも連絡をしておきます。

 

相手の免許証は必ず確認

免許証の写メは取っておきましょう。

  1. 相手の連絡先(名刺などがあればもらう)
  2. ナンバープレートの写メ
  3. 車の破損状況の写メ
  4. 番外:相手の任意保険の連絡先

余裕があれば確認してください。

人身扱いに

警察の方には人身事故扱いになるように、処理をお願いしましょう

後日、人身事故に切り替えることもできますが、切り替えまで期間が空くと、因果関係を証明することが大変です。

警察には人身事故として処理してもらってください。

整形外科でレントゲンを取る

基本的に、事故後は病院(主に整形外科)でレントゲンを撮ってください。

ちょっとでも事故後に違和感のある部分(首、肩、腰、股関節など)は、整形外科で問診表に記載しておいてください。

後から痛みが出ても、日常生活での痛みと事故の痛みの違いを証明できなければ保障されません。

違和感のある場所は全て伝えてください

 

事故は因果関係が全て

事故後に整形外科に行くのも早い方がいいです。

整形外科に行くのが遅くなると、日常生活で痛くなったのでは?と言われても文句が言えません。

どんなに仕事が忙しくても、遅くとも3日以内にはレントゲン撮影を受けてください

認められなければ、どんなに首(むちうち)が痛くなっても補償されません。

 

しっかり通院してください

治療の間があけば、「ああ、調子がいいんだな」と考えます。

むちうちなどの痛みがあるなら、しっかりと通院してください。

仮に治療費は補償されても、後遺症が残った時に、後遺障害が認定されません

ご自身の体のためにも、事故後は直ぐにしかるべき医療期間を受診すべきなのです。

 

認定のためではない

むちうちの後遺障害認定を受けるために通院するわけではなく、体を元の状態に戻すために通院してください。

通院したにも関わらず、残念ながら後遺症が残ってしまったら、認定を受けるために手続きしていくだけですので、お間違えなく。

 

Livingでむちうち治療をする場合

Livingでは交通事故後のむちうち治療が行えます。

  1. 事故を人身扱いにする
  2. 病院でレントゲンを撮る
  3. 相手方(*1)加入任意保険会社に転医したいことを報告
  4. 転医先はリビング整骨院(*2)

*1 事故状況によって変わります *2 鍼灸院というと転医できない場合があります

転医で、わからないことがあれば、気軽にLINEでご相談ください。

下記より友達追加後、やりとりが行えます。

友だち追加

 

 

事故に遭わないのが一番!

事故に遭わないよう、車間距離には十分注意してください。

また加害者にならないためにも、余裕をもった運転や前日の睡眠、脇見運転など、くれぐれもご注意いただき、素敵な連休をお過ごしください。

 

飲酒運転はダメ!絶対!

「飲んだら乗るな、乗るなら飲むな」です。

飲酒運転は絶対にしないでくださいね。

 

<スポンサーリンク>