冬土用の体調管理のご提案 | 期間中の間日はいつ?

2019年最初の土用が1月17日(木)にせまってきました。

年初めの土用は冬土用です。

冬土用があけると立春を迎え、春が訪れるんですね。

今日は冬土用期間中の体調管理や過ごし方についてお話します

  1. Living式、土用の過ごし方
  2. 土用期間中の仕事
  3. 健康を損ねやすい
  4. 冬土用の過ごし方
  5. 2019年冬土用期間中の間日はいつ?
  6. 冬土用まとめ

Living式、土用の過ごし方

土用は、土の神様がいらっしゃる期間(18日)なので、土をいじってはいけない期間でした。

だから先人は畑を耕したり家をたてたるのは、土用をさけていたんですね。

現代に置き換えると仕事をしてはいけない期間と解釈しています。

ただ、18日間も仕事をしない、というのは現実的ではありません。

 

土用期間中の仕事

なぜか、土用期間中は新しいことをしたくもなるし、思いつきます。

土用期間中は、新しいことを始めると、邪魔が入ったり、決まりそうだった仕事が白紙に戻ったりします。

さっきの家でいうと、急に引っ越ししてみたくなったりしますが、できれば避けましょう。

土用は移動(引っ越しや旅行)でもトラブルがあったりします。

とにかく土用期間中は、新しいことを避け、振り返る期間にすると良いです。

 

書類の整理や新しい取り組みの準備期間に

仕事をしないわけにはいきません。

そこでおすすめなのが、後回しにしていた書類の整理や新しい取り組みの準備をする期間に当てると良いです。

僕だったら、カルテの整理をしたり、ブログ記事を修正(新しい記事は書かない)したり、新しい記事の下調べをしたりする期間にあてます。

 

新しいことを思いついたら

とは言いながら、僕も新しいことを思いついてしまいます。

でも、土用期間中に実行するのはやめましょう。

だいたい土用明けに、なんでこんなことしようと思ったんだろうってなります。

時間の無駄になるので、一応、メモだけしといて、土用明けに再検討してみてください。

それでも、GO!だったらラッキーです。

健康を損ねやすいので注意

土用は、季節の変わり目です。

今回の冬土用は、冬から春へと季節が変わります。

季節が変わるとエネルギー(気)が変わります。

その変化に対応するために土用があるのです。

季節の疲れもたまっているので、休息なしに次の季節を迎えようとするとブレーキがかかります。

新しいことも、なぜかうまくいかないし、体調も崩します。

土用期間中は残業は極力さけて、休養と栄養をしっかりとって次の季節に備えてください

冬土用の過ごし方

冬だから、と特別なことはありません。

基本的にはこれまで説明した土用の過ごし方で問題ありません。

強いていうなら、冬土用は次の一年の準備です。

特に春は芽吹く季節ですから、土壌を整えておく必要があります。

体(土壌)が健康でないと良い花が咲きませんよね。

冬土用期間で体を休めることと、栄養をとって土用明けにスタートダッシュがきれるように準備してください

2019年冬土用期間中の間日はいつ?

間日とは、土の神様がいったんいなくなる日です。

2019年の冬土用期間中の間日

1月は、17日(木)、18日(金)、20日(日)、29日(火)、30日(水)。

2月は、1日(金)

参考:こよみのページ

この期間中は土の神様がいないので、土をいじって良いです。

どうしても何か契約をしないといけないとか、避けられない商談がある場合は、縁起をかついで、上記の間日を参考にしてみてはいかがですか?*

*何かしらの成果を保証するものではありません

2019年冬土用まとめ

  1. 冬に限らず土用は栄養と休養
  2. 新しいことは避ける
  3. たまった仕事を整理する
  4. 健康に気をつける

それでは良い冬土用を〜!

<スポンサーリンク>